コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物置 モノオキ

4件 の用語解説(物置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もの‐おき【物置】

当面必要としない器具などを入れておく場所。また、そのための小屋。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

物置

納屋と同じ用途で、母屋とは別に庭やガレージ等に設置される倉庫。普段使用しない物であったり、屋外で使用する物等を収納しておく事が多い。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ものおき【物置】

当面使わない物や雑具などを入れて置く場所。 「 -小屋」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物置
ものおき

別棟または住宅に隣接して設けられる収納スペース。物置に収納するものには、屋外で使用される自転車、乳母(うば)車、園芸用道具、ホース類、季節的に使用されるストーブ、網戸、簾(すだれ)など、いずれ処分する予定の古雑誌、古新聞、空き瓶類、小出しに使用する燃料(石油、薪(まき)など)や漬物類などいろいろある。
 設置の仕方には、収納するものの使用法や配置によって、独立して設ける方法、塀を活用する方法、庇(ひさし)や差しかけを利用して設ける方法、床下を利用する方法などがある。一般に間口を広く、奥行を浅くすると使いやすい。
 構造は、住宅の場合、木造かコンクリートブロック造のものが多い。湿気の防止と雨水の浸入には十分留意し、床は地盤から20センチメートルくらいは高くしておく。窓は収納の関係上、むしろないほうがよい。位置は、勝手口やユーティリティの近くで、主婦の使いやすい場所とするのが望ましい。物置の屋根を勝手口やユーティリティの入口まで掛け渡せば、雨の日でもぬれずに利用できる。塀や外壁を利用すると工賃が安くてすむ。近年は、簡単に組み立てられる金属製のプレハブ物置も市販されている。[中村 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の物置の言及

【納屋】より

…物を収めておくため,独立して作られた建物。同じ性格の建物には倉と物置があるが,倉が物を長期にわたって保存格納する性格であるのに対して,納屋はある行事や作業に必要な道具を格納し,ときには作業場として使われることもある。また,物置は雑多な物を入れておく建物であるのに対し,納屋は使用目的がしぼられた物を収納する。…

※「物置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物置の関連キーワード産屋母屋納屋制度ガレージ離れ家蘆屋釜差母屋中の戸浜納屋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物置の関連情報