コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反対売買 はんたいばいばい

3件 の用語解説(反対売買の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はんたいばいばい【反対売買】

信用取引決済の一方法で、清算取引において差金決済のために行う売りまたは買い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集の解説

反対売買

売りに対しては買い戻しをする事、買いに対しては転売する事を意味します。

出典|ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反対売買
はんたいばいばい

信用取引を決済する方法の一つ。空(から)買いをしている場合には売り(転売)、空売りをしている場合には買い(買戻し)といった反対の売買の形がとられる。その際、株券や売買代金の授受は行われず、差金(売りの約定代金と買いの約定代金の差額)だけの受渡しで弁済が行われる。手仕舞(てじまい)ともいう。
 信用取引の決済には、このほか、現渡し、現引きの方法があるが、投機を目的として行われるのが信用取引の特色でもあることから、実際には反対売買による弁済がほとんどである。なお、商品取引所における先物(さきもの)取引などの決済にも反対売買の方法がとられる。[桶田 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反対売買の関連キーワードアウトライト取引買い買い戻し・買戻し玉整理初買い買戻し契約買戻し権転売買戻し買い越し買い戻し特約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反対売買の関連情報