コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転義 テンギ

大辞林 第三版の解説

てんぎ【転義】

言葉のもとの意味から転じた意味。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の転義の言及

【比喩】より

…〈あや〉とは,平常の表現とは異なって目立つ表現形式のことであり,たとえば,文型のあやとしての語句挿入,省略,転置,反復など,思考のあやとしての緩叙,対比,擬人など,100を越える型が技法として説明されていた。そういう多様な〈ことばのあや〉のうちで,とくに語の意味を変様させる表現形式は〈転義trope〉と呼ばれ,特別あつかいで詳細に研究されていた。〈転義〉は,後述するような隠喩,換喩,提喩,諷喩などを一括する総称であり,結果的には〈比喩〉ときわめて近い用語である。…

※「転義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転義の関連キーワード典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點改正道路交通法の仕組み自転車運転者講習制度パステルナーク自転車危険運転不斉炭素原子キラリティー有力な方言アンダンテアダージョ光学異性法律効果アレグロカントル法律要件光学活性弁論術多義語当て字秋津島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android