(読み)ウタタ

デジタル大辞泉の解説

うたた【転】

[副]
ある状態が、どんどん進行してはなはだしくなるさま。いよいよ。ますます。転じて、そうした状態の変化を前にして心が深く感じ入るさまにいう。「同情の念に堪えない」
(「うたたあり」の形で)不快な感じをもたらすさま。嫌な気を起こさせるように。ひどく。
「花と見て折らむとすれば女郎花(をみなえし)―あるさまの名にこそありけれ」〈古今・雑体〉
「いと―あるまで世を恨み給ふめれば」〈・手習〉

うたて【転】

[副]
自分の心情とは関係なく、事態がどんどん進んでいくさま。ますます。
「いつはなも恋ひずありとはあらねども―このころ恋し繁しも」〈・二八七七〉
事の成り行きが、心に適わないとして嘆くさま。つらく。情けなく。
「からくして思ひ忘るる恋しさを―なきつる鶯の声」〈大和・一〇五〉
事態が普通でないさま。いやに。異様に。
「散ると見てあるべきものを梅の花―にほひの袖にとまれる」〈古今・春上〉
[形動ナリ]はなはだよくない。情けない。
「―なりける、心なしの痴れ者かな」〈宇治拾遺・二〉

ころ【転】

重い物を動かすとき、下に敷いて移動しやすいようにする丸い棒。くれ。ごろた。
短く切った薪材。割り木。
さいころ。
ころ銭(ぜに)」の略。
尺八で、他の指孔を開き、1孔と2孔を交互に指で打つ奏法。
多く複合語の形で用い、丸いもの、小さいもの、の意を表す。「石ころ」「犬ころ

てん【転】

音韻または語の意味が変化すること。また、変化したもの。「『紺屋(こうや)』は『こんや』の
漢詩で、「転句」の略。「起承結」

てん【転〔轉〕】[漢字項目]

[音]テン(呉)(漢) [訓]ころがる ころげる ころがす ころぶ まろぶ うたた
学習漢字]3年
くるくる回る。ころがる。ころがす。「転転運転回転空転自転旋転輪転
ひっくり返る。ころぶ。「転倒転落横転
方向を変える。変わる。変化する。「転化転換転義転向転身暗転急転好転変転
場所を変える。移る。移す。「転移転記転居転校転写転出移転栄転
[名のり]ひろ
[難読]転寝(うたたね)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うたた【転】

( 副 )
状態がどんどん進行してはなはだしくなるさまをいう。いよいよ。ますます。 「 -今昔の感にたえない」
(多く「うたたある」の形で)ある状態が普通でないことに心を動かされる意を表す。
非常に。はなはだしく。 「いと-あるまで世を恨み侍るめれば/源氏 手習
いよいよ。一層。 「さらぬだに雪の光はあるものを-有明の月ぞやすらふ/式子内親王集」
嫌な気を起こさせるように。 「をみなへし-あるさまの名にこそありけれ/古今 雑体」 → うたて

うたて【転】

〔「うたた」の転〕
( 副 )
事態や心情が意志に関係なく移り進んでしまうさまを表す語。
ますます。ひどく。いよいよはなはだしく。 「みか月のさやにも見えず雲隠り見まくそほしき-この頃/万葉集 2464
嫌なことに。嘆かわしいことに。 「人のきかむも-ものくるほしければ/蜻蛉
普通でなく。 「葉のひろごりざまぞ-こちたけれど/枕草子 37
( 形動ナリ )
情けない。いとわしい。 「 -なりける心なしのしれ者かな/宇治拾遺 2
[句項目] 転あり

ころ【転】

重い物を移動する時用いる丸棒。物の下に置き、その回転を利用して動かす。ごろた。ころばし。
細くて短いたき木。
さいころ。

てん【転】

言葉の音が別の音にかわること。「手に手に」が「てんでに」となる類。
転句」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転の関連情報