コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ウタタ

9件 の用語解説(転の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うたた【転】

[副]
ある状態が、どんどん進行してはなはだしくなるさま。いよいよ。ますます。転じて、そうした状態の変化を前にして心が深く感じ入るさまにいう。「同情の念に堪えない」
(「うたたあり」の形で)不快な感じをもたらすさま。嫌な気を起こさせるように。ひどく。
「花と見て折らむとすれば女郎花(をみなえし)―あるさまの名にこそありけれ」〈古今・雑体〉
「いと―あるまで世を恨み給ふめれば」〈・手習〉

うたて【転】

[副]
自分の心情とは関係なく、事態がどんどん進んでいくさま。ますます。
「いつはなも恋ひずありとはあらねども―このころ恋し繁しも」〈・二八七七〉
事の成り行きが、心に適わないとして嘆くさま。つらく。情けなく。
「からくして思ひ忘るる恋しさを―なきつる鶯の声」〈大和・一〇五〉
事態が普通でないさま。いやに。異様に。
「散ると見てあるべきものを梅の花―にほひの袖にとまれる」〈古今・春上〉
[形動ナリ]はなはだよくない。情けない。
「―なりける、心なしの痴れ者かな」〈宇治拾遺・二〉

ころ【転】

重い物を動かすとき、下に敷いて移動しやすいようにする丸い棒。くれ。ごろた。
短く切った薪材。割り木。
さいころ。
ころ銭(ぜに)」の略。
尺八で、他の指孔を開き、1孔と2孔を交互に指で打つ奏法。
多く複合語の形で用い、丸いもの、小さいもの、の意を表す。「石ころ」「犬ころ

てん【転】

音韻または語の意味が変化すること。また、変化したもの。「『紺屋(こうや)』は『こんや』の
漢詩で、「転句」の略。「起承結」

てん【転〔轉〕】[漢字項目]

[音]テン(呉)(漢) [訓]ころがる ころげる ころがす ころぶ まろぶ うたた
学習漢字]3年
くるくる回る。ころがる。ころがす。「転転運転回転空転自転旋転輪転
ひっくり返る。ころぶ。「転倒転落横転
方向を変える。変わる。変化する。「転化転換転義転向転身暗転急転好転変転
場所を変える。移る。移す。「転移転記転居転校転写転出移転栄転
[名のり]ひろ
[難読]転寝(うたたね)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うたた【転】

( 副 )
状態がどんどん進行してはなはだしくなるさまをいう。いよいよ。ますます。 「 -今昔の感にたえない」
(多く「うたたある」の形で)ある状態が普通でないことに心を動かされる意を表す。
非常に。はなはだしく。 「いと-あるまで世を恨み侍るめれば/源氏 手習
いよいよ。一層。 「さらぬだに雪の光はあるものを-有明の月ぞやすらふ/式子内親王集」
嫌な気を起こさせるように。 「をみなへし-あるさまの名にこそありけれ/古今 雑体」 → うたて

うたて【転】

〔「うたた」の転〕
( 副 )
事態や心情が意志に関係なく移り進んでしまうさまを表す語。
ますます。ひどく。いよいよはなはだしく。 「みか月のさやにも見えず雲隠り見まくそほしき-この頃/万葉集 2464
嫌なことに。嘆かわしいことに。 「人のきかむも-ものくるほしければ/蜻蛉
普通でなく。 「葉のひろごりざまぞ-こちたけれど/枕草子 37
( 形動ナリ )
情けない。いとわしい。 「 -なりける心なしのしれ者かな/宇治拾遺 2
[句項目]

ころ【転】

重い物を移動する時用いる丸棒。物の下に置き、その回転を利用して動かす。ごろた。ころばし。
細くて短いたき木。
さいころ。

てん【転】

言葉の音が別の音にかわること。「手に手に」が「てんでに」となる類。
転句 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転の関連キーワード環節心と自火地先自腹自分と独自独走受領職一人歩き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転の関連情報