コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽子 かるこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽子
かるこ

魚市場や船着き場などで荷物運搬を業とする人足。縄を編んで (もっこ) のようにつくった軽籠 (かるこ) と呼ばれる運搬具を用い,これに荷物を載せ,棒を通してかついで運んだところからこの称が出た。のちには,背負い,あるいは荷車を使って荷物運搬を行う人足も軽子と呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かるこ【軽子】

軽籠かるこで荷物を運んだ人足。運び人足。人夫。
江戸深川の遊里の仲居なかい
墨糸の端につける木片。墨打ちの際、先端の針で材料に留める。 → 墨壺

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

軽子の関連キーワード富小路資直牡丹灯籠春屋妙葩魚市場日用座強力仮子

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽子の関連情報