コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲居 ナカイ

デジタル大辞泉の解説

なか‐い〔‐ゐ〕【仲居】

旅館や料亭などで客の接待をする女性。
近世、幕府の大奥大名屋敷などに仕える女性の詰めていた部屋。また、そこに詰めた女性。お仲御末(おすえ)。
近世、武家や商家の上女中下女中との中間に使われた女性。中通りの女。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかい【仲居】

古くは中居と記されることが多く,その早い用例は《明月記》後鳥羽院宇治御所の記述のうちに見える。仲居は,公家門跡の住宅で主人の居間(常御所,常居所)近くに位置し,主人に奉仕する人たちの控室,台所でつくられた料理の中継・配膳のための室,あるいは広く家政,経理を担当する部門や担当者をも意味した。室町時代内裏では中居に相当するものを御末(おすえ)と呼んでいた。また近世以降,料理屋などで客の接待をする女中を仲居というようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仲居
なかい

料理店などで飲食・遊興の世話をする座敷女中。元来は、宮廷で炊事をつとめる下級女官の名であったものが武家や民間にも継承され、茶屋に移って炊事とは無縁の職業となった。紅色の前垂(まえだれ)をつけるので赤前垂と俗称するが、この風俗は宮廷女官以来の伝統である。関西の茶屋の仲居は、単なる給仕人の域を超えて、遊女や芸者の指名をはじめ座敷の差配の実権を握るようになった。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仲居の関連キーワードやとな(雇女∥雇仲居)伊勢音頭恋寝刃嵐璃光(初代)雇女・雇仲居冷やし・冷し片岡 松之丞池田果奈子中居・仲居好色一代男園 佳也子藤崎代志子豊島まさみ小差し出づ岡崎美知子下村善太郎道中粋語録海月と私本間弘美宮崎寒雉城戸美夜

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仲居の関連情報