コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝度分布 きどぶんぷluminance distribution

世界大百科事典 第2版の解説

きどぶんぷ【輝度分布 luminance distribution】

人間が見るさまざまな対象物の明るさ(輝度)の違いおよびその空間的な配置関係をいう。室内における視野は,窓や照明光源のように非常に明るい対象から,部屋の隅や机の下のように非常に暗い対象まで,明暗の異なる部分からなる。輝度の差異は,その対象物を識別するための重要な手がかりであるが,反面,視野を占める輝度の違いが大きすぎると,人間の目は,明るい面に順応したり,暗い面に順応したり,めまぐるしい変化を強いられ疲労する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

輝度分布の関連キーワードレンズ状銀河まぶしさ矮小銀河

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android