コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輝県古墓 きけんこぼHui-xian gu-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輝県古墓
きけんこぼ
Hui-xian gu-mu

中国河南省輝県の琉璃閣,固囲村,趙固鎮,褚邱村,百泉村の5地区から発見された代から代にわたる多数の古墓。戦国期の大墓では,その構造が,殷の大墓と相通じるとともに,墓上に建物の基壇を有するという特徴が明らかにされた。ほかに,車馬坑などもあって,戦国期の葬制を知るうえに重要な遺跡である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輝県古墓
きけんこぼ

中国、河南(かなん/ホーナン)省北部の輝県(きけん/ホエイシェン)県城付近に分布する戦国時代を中心とした壙墓(こうぼ)群の総称。1930年代から調査されていたが、50~52年に中国社会科学院考古研究所が3次の調査を行った。琉璃閣(るりかく)(殷(いん)・戦国・漢)、固圍(こい)村(戦国)、趙固(ちょうこ)(戦国)、(ちょきゅう)(殷・戦国)、百泉(ひゃくせん)(後漢(ごかん))の5区に及び、殷代の灰坑(地下貯蔵穴)、殷・戦国・漢の墳墓を発掘した。戦国時代の大小の墳墓の各種の墓室の構造、葬法を明らかにするとともに、19の木車を出土した車馬坑(琉璃閣)、埋玉祭坑(固圍村1号)、墓上建築遺構(固圍村2号)を検出した。多量の鉄器、車具、馬飾りのほか、錯金(さくきん)馬頭形(ながえ)飾り、嵌玉(かんぎょく)包金銀帯鉤(たいこう)、大玉(だいぎょくこう)、刻文燕楽射猟銅鑑(こくもんえんがくしゃりょうどうかん)などの逸品を出土している。[下條信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

輝県古墓の関連キーワード木槨墓木棺

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android