コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪舌/倫説/林雪/林説 リンゼツ

デジタル大辞泉の解説

りんぜつ【輪舌/倫説/林雪/林説】

俗箏(ぞくそう)・筑紫箏(つくしごと)などで、特に細かい手法を用いる純器楽曲の曲名。のちの「(みだれ)(乱輪舌)」の原形とされるもので、三味線一節切(ひとよぎり)などにも移されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の輪舌/倫説/林雪/林説の言及

【林歌】より

…この曲の旋律を歌謡化したものが催馬楽(さいばら)の《老鼠(おいねずみ)》で,久しく絶えていたが,1930年復活された。管絃の曲は舞楽曲の編曲で,平調,早八拍子,拍子11の小曲で,箏の奏法に〈輪舌(りんぜつ)〉という特別の手法がある。【加納 マリ】。…

※「輪舌/倫説/林雪/林説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輪舌/倫説/林雪/林説の関連キーワード倫説・輪舌・林説・林雪真田 しん乱(箏曲)乱れ段物俗箏

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android