俗箏(読み)ぞくそう

精選版 日本国語大辞典「俗箏」の解説

ぞく‐そう ‥サウ【俗箏】

〘名〙
弦楽器の一つ。楽箏雅楽)に対してそれ以外の箏をいう。細部形状などに違いがある。
② 天和・貞享年間(一六八一‐八八)頃、京都で八橋検校が創始した八橋流を初めとして、そのから分派した生田流継山流藤池流・新八橋流・山田流京極流などの近代箏曲をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「俗箏」の解説

ぞく‐そう〔‐サウ〕【俗×箏】

八橋流をはじめ、その分派である生田いくた流・山田流などの近代箏曲。また、それらの箏曲に用いられる箏。楽箏に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「俗箏」の解説

ぞくそう【俗箏】

日本の弦楽器の名称。箏のうち,雅楽に用いられるものを楽箏,それ以外の音楽に用いるものを俗箏と呼んで区別することがあるが,演奏家自身はいずれの側からもそうした呼称は用いない。かつては,近世の箏曲に用いる箏を,歌箏(うたごと)などといったこともあるが,近世箏曲は歌曲のみと限らないので,この呼称も適当でない。箏(そう)【平野 健次】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android