コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗箏 ゾクソウ

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐そう〔‐サウ〕【俗×箏】

八橋流をはじめ、その分派である生田(いくた)流・山田流などの近代箏曲。また、それらの曲に用いられる箏。楽箏に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくそう【俗箏】

日本の弦楽器の名称。箏のうち,雅楽に用いられるものを楽箏,それ以外の音楽に用いるものを俗箏と呼んで区別することがあるが,演奏家自身はいずれの側からもそうした呼称は用いない。かつては,近世の箏曲に用いる箏を,歌箏(うたごと)などといったこともあるが,近世箏曲は歌曲のみと限らないので,この呼称も適当でない。箏(そう)【平野 健次】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

俗箏の関連キーワード倫説・輪舌・林説・林雪菜蕗・蕗・富貴・布貴越天楽・越殿楽筑紫箏・筑紫筝箏曲・筝曲雲井調子安倍季尚八橋検校箏・筝筑紫箏八橋流筑紫流平調子楽譜輪舌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android