コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪説/臨説 リンゼツ

デジタル大辞泉の解説

りん‐ぜつ【輪説/臨説】

雅楽の箏(そう)の演奏法の一。残楽(のこりがく)に用いられる特殊な奏法。閑掻(しずがき)と早掻(はやがき)を併用する。
正統でない見解。
「―を好み珍しき所を求むるは」〈連理秘抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

輪説/臨説の関連キーワード倫説・輪舌・林説・林雪三才報徳金毛録スガガキ残り楽側む早掻奥旨閑掻

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android