コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪虫 ワムシ

デジタル大辞泉の解説

わ‐むし【輪虫】

ワムシ綱の袋形動物総称。淡水中に多いが、コケや湿った土中にもすむ。体長は2ミリ以下と微小。体の上端冠状繊毛があり、後端は細く尾状になるものが多い。繊毛で回転するように遊泳する。くるまむし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わむし【輪虫】

輪虫綱の袋形動物の総称。淡水産が多いが海産もある。いずれも微小で、多くは0.3ミリメートル 前後。雌雄異体で、雄の体は雌の5分の1ほど。単為生殖をするので雄が不明の種も多い。普通、体は円筒形で、頭・胴・脚の三部より成り、頭部の前端に繊毛をもつ。ツボワムシ・ミズワムシなど。クルマムシ。リンチュウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

輪虫 (ワムシ)

動物。輪毛虫綱に属する水生微小動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

輪虫の関連キーワードエーレンベルク(Christian Gottfried Ehrenberg)袋形動物(たいけいどうぶつ)ツボワムシ(壺輪虫)シオミズツボワムシワムシ(輪虫)オルピディウムあご(顎)富栄養湖円形動物単為生殖雌雄異体輪虫類ワムシ輪虫綱原体腔動物矮雄車虫三部胞胚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android