輸出統制法(読み)ゆしゅつとうせいほう

百科事典マイペディアの解説

輸出統制法【ゆしゅつとうせいほう】

1949年制定された米国の法律。輸出を商務省の許可制(個別的または包括的)とし,戦略物資・技術の対共産圏輸出および供給不足物資の輸出を規制する。米国から導入した技術でつくった商品の対共産圏輸出も本法で規制される。時限立法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android