本法(読み)ホンポウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐ぽう ‥パフ【本法】

〘名〙
① (「ほんぼう」とも) 基本的な法。中世の幕府法では、特に御成敗式目をさしていうことがある。
※内閣文庫本建武以来追加‐応永二九年(1422)七月二六日「雖先条法制、近来如此之輩間有之、任本法停止之矣」
② 荘園・寺社などの限られた地域・組織内で準拠するべき法。
※近衛家本追加‐貞応二年(1223)七月六日「守本法違乱
③ この法律。当該の法律。
※民法(明治二九年)(1896)一七五条「本法其他の法律に定むるものの外」
④ 本式の方法。
※評判記・色道大鏡(1678)九「二世薫・麗子金太夫までは、候べく候も本法にかけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本法の関連情報