コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轟渓流 トドロキケイリュウ

2件 の用語解説(轟渓流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とどろき‐けいりゅう〔‐ケイリウ〕【轟渓流】

長崎県南東部、諫早(いさはや)市高来(たかき)町にある渓流。多良(たら)岳山系に源を発する境川の上流に位置し、高さ12メートルの轟の滝をはじめ、楊柳(ようりゅう)の滝・潜竜の滝など大小30余りの滝と奇岩のある景勝地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone