コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境庁 かんきょうちょう

5件 の用語解説(環境庁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境庁
かんきょうちょう

国家行政組織法および環境庁設置法に定められた国の環境行政機関。公害の防止,自然環境の保護・整備その他環境の保全をはかり,国民の健康で文化的な生活の確保に寄与するため,環境の保全に関する行政を総合的に推進することを任務とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんきょう‐ちょう〔クワンキヤウチヤウ〕【環境庁】

公害防止、自然環境の保護および整備、そのほか環境の保全に関する行政を総合的に担当した中央行政機関。昭和46年(1971)に総理府の外局として設置。平成13年(2001)環境省に改組。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

環境庁【かんきょうちょう】

旧庁名。国家行政組織法にもとづき,総理府外局として1971年7月に設置された行政機関。公害防止,環境保全等の行政を総合的に推進することを主たる任務とする。付属機関として,国立環境研究所,環境研修センター中央公害対策審議会公害健康被害補償不服審査会などがおかれた。
→関連項目化学物質審査規制法環境税国家環境政策法酸性雨自動車排出ガス規制緑の国勢調査レッド・データ・ブック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんきょうちょう【環境庁】

総理府の外局の一つで,公害防止,自然環境の保護等環境保全行政の企画・調整・施策の総合的推進を任務とする行政機関。1960年代以降の経済の高度成長の過程において公害問題の多発等環境問題が深刻化し,環境保全のための行政体制の整備の必要性が高まり,1971年7月に新設された。60年代末から70年代初めにかけて欧米先進資本主義諸国において環境行政機構整備の動きがあったが,これとほぼ軌を一にしたものと見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

環境庁
かんきょうちょう

国家行政組織法に基づき、環境庁設置法により総理府の外局として設置された国の行政機関。1971年(昭和46)7月に設立。2001年(平成13)1月の中央省庁再編で、庁から省に格上げされ環境省となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環境庁の関連キーワード外局公害防止計画総理府東京都公害防止条例排水基準総理府令公害防止産業公害防止事業公害防止事業団法公害防止法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環境庁の関連情報