コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛島代豆米 からしまの よずめ

1件 の用語解説(辛島代豆米の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辛島代豆米 からしまの-よずめ

?-? 奈良時代の神職。
豊前(ぶぜん)宇佐神宮(大分県)禰宜(ねぎ)。養老4年(720)隼人(はやと)の乱に際し,征隼人持節大将軍大伴旅人が征討にむかったとき,神軍をひきいてくわわったという。姓は韓嶋ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

辛島代豆米の関連キーワード豊前市豊前おこしかけ大宅女富本豊前(2代)富本豊前(3代)富本豊前太夫(5代)富本豊前掾(2代)富本豊前掾(3代)富本豊前掾(4代)仁聞