農地相続法(読み)のうちそうぞくほう(英語表記)Höferecht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農地相続法
のうちそうぞくほう
Höferecht

ドイツにおける特別法。ドイツでは,共同相続による農地の細分化とそれによる農業生産力の減退を防ぐため,特別法によって農地の単独相続が認められている。ドイツの旧イギリス占領地区においては,1947年4月 24日の「農場令」 Höfeordnungが施行され,農場承継人の決定について,第1次的には農場所有者による指定を認め,指定がない場合に,第2次的に長男子優先による法定承継順位を定めた。しかし,長男子優先の規定は連邦憲法裁判所により違憲と判示され,その後の改正により長子優先の原則がとられている。農場を相続しなかった他の共同相続人は,単独相続人に対し,相続分に代えて金額の支払いを請求することができる。なお,旧イギリス占領地区以外の旧西ドイツ地域では,単独相続法を定めている州と,特別法をもたず民法典によっている州とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android