コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単独相続 タンドクソウゾク

百科事典マイペディアの解説

単独相続【たんどくそうぞく】

惣領制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たんどくそうぞく【単独相続】

所領・財産を一人の相続人が相続すること。日本では、一三世紀末期にその端緒が認められる。 ↔ 共同相続

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単独相続
たんどくそうぞく

相続の形態の一つで、1人の相続人が遺産を単独で相続する形態をいう。複数の相続人が共同で遺産を相続する形態が共同相続とよばれるのに対して、単独相続とよばれる。日本の家督相続がそうであったように、被相続人の財産だけでなく、身分上の地位をも相続人が承継する(身分相続)場合に、単独相続の形がとられる。しかし、単独相続が必然的に身分相続を意味するわけではない。だれが相続人となるかによって、長子相続、末子相続、姉家督などの形態がある。[高橋康之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

単独相続の関連キーワード嫡子単独相続家族世襲財産在地領主法農地相続法寄親・寄子家子郎党祭祀財産大友貞宗御家騒動小早川氏部屋住一期分桂禅尼総領制世襲庶子跡職分知戸主譲状

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android