コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農夫ピアズの幻 のうふピアズのまぼろしThe Vision of Piers the Plowman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農夫ピアズの幻
のうふピアズのまぼろし
The Vision of Piers the Plowman

イギリス中英語期の詩人 W.ラングランドの寓意詩。 14世紀後半に西中部方言で頭韻を用いて書かれた。現存写本はA (1362~70) ,B (78頃) ,C (94頃) の3種のテキストに区別され,長さにも大きな差異 (2500~7300行) がある。偉大な宗教文学であるが,また社会風刺,特に教会批判が目立ち,宗教改革の文学的先駆とも考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農夫ピアズの幻
のうふぴあずのまぼろし

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

農夫ピアズの幻の関連キーワードイギリス文学アレゴリー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android