コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農林地質学 のうりんちしつがくagroforestrial geology

世界大百科事典 第2版の解説

のうりんちしつがく【農林地質学 agroforestrial geology】

農林業の環境因子としての地質について究明する応用学。日本では脇水鉄五郎(1867‐1942)がこの部門の開拓者である。明治・大正時代では応用地質学の主流であった。土壌の生成や性質,あるいは地形の形成についての知識は地質学に負うところがきわめて大きい。関西・山陽地方では,はげ山は花コウ岩山地に集中しているが,一方この地帯の水田では良質な米が生産される。またこの地方の古生層の山地ではスギ造林が多く,果樹栽培にも適している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android