コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇水鉄五郎 わきみずてつごろう

3件 の用語解説(脇水鉄五郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脇水鉄五郎
わきみずてつごろう

[生]慶応3(1867).11.9. 大垣
[没]1942.8.10. 東京
地質学者,土壌学者。東京大学地質学科卒業 (1893) 後,東京大学教授 (96~1928) として地質学,土壌学などの講座を担当。この間アメリカヨーロッパに留学 (12~14) して森林土壌学や山くずれについても研究した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脇水鉄五郎 わきみず-てつごろう

1867-1942 明治-昭和時代前期の地質・土壌学者。
慶応3年11月9日生まれ。オーストリアに留学。大正6年東京帝大教授となる。わが国の森林土壌学の基礎をきずいた。退官後は史跡名勝,天然記念物を調査。日本地質学会会長。昭和17年8月10日死去。76歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。帝国大学卒。著作に「日本風景誌」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脇水鉄五郎
わきみずてつごろう
(1867―1942)

地質学者、土壌学者。岐阜県大垣に生まれ、1893年(明治26)東京帝国大学地質学科卒業。1896年同大学農科大学助教授となり、1917年(大正6)東京帝国大学教授に進む。その間1911年から1915年までヨーロッパおよびアメリカに留学した。オーストリアで森林土壌学、イタリアで砂防学を研究し、地質学のほか、森林土壌学講座も担当した。樺太(からふと)(サハリン)・北海道地区を調査し、気候的植生の土壌に対する影響の大きさを確認し、単なる地質学的土質学的土壌学を脱した新たな表層地質学の世界を開いた。史跡名勝、天然記念物の調査に尽力し、『車窓からの自然界 東海道・山陽編』『日本風景誌』『耶馬渓彦山(やばけいひこさん)風景論』等の著書がある。1939年日本地質学会会長に推された。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の脇水鉄五郎の言及

【農林地質学】より

…農林業の環境因子としての地質について究明する応用学。日本では脇水鉄五郎(1867‐1942)がこの部門の開拓者である。明治・大正時代では応用地質学の主流であった。…

※「脇水鉄五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

脇水鉄五郎の関連キーワード藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇江戸時代キンバリー大政奉還

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone