農業貿易関税化(読み)のうぎょうぼうえきかんぜいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業貿易関税化
のうぎょうぼうえきかんぜいか

農産物の輸入数量制限などの非関税障壁関税化し,当初の高率関税を徐々に削減していくことで,漸進的に農産物貿易の拡大を図ろうとする方法。ガットウルグアイ・ラウンドの農業交渉でアメリカが提案し,1993年 12月に合意に達した。それにより,95~2000年までの6年間に農産物は原則的に関税化する,関税を平均 36%,最低 15%引き下げることなどが決定した。ただし日本のコメに関しては特例措置として,6年間の関税猶予機関を設ける,その間国内消費量の4~8%をミニマム・アクセスとして輸入することが決定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android