コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税化 かんぜいかtariffication

翻訳|tariffication

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税化
かんぜいか
tariffication

農産物貿易の関税以外のすべての輸入規制を関税に置き換える措置で,1990年7月のウルグアイ・ラウンドでドゼウ議長が提唱し,91年 12月の最終合意案に継承された。最終合意案では各国が行なっている数量制限などさまざまな輸入障壁を,原則として 86~88年の農産物の平均内外価格差をもとに設定した関税に一本化し,その後徐々に削減していくというものである。日本の米の場合は,同期間の内外価格差から 700%の高関税率となる。日本は新ラウンドで「関税化の例外扱い」を一貫して主張,米については,6年間関税化を猶予することで最終決着した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関税化
かんぜいか
tariffication

輸入数量制限などあらゆる貿易障壁を関税に置き換え、この関税率を段階的に引き上げていくことで障壁を削減し、自由化していこうという考え。ガットのウルグアイ・ラウンドの農業交渉のなかでアメリカが提案、「例外品目なき関税化」を軸に主要国間の調整が進められた。日本は1993年(平成5)12月、米については6年間の猶予期間を設けて関税化を受け入れることを決定、99年4月から実施したが、同時に米を特別セーフガードの対象品目として緊急輸入制限を行えるようにした。[原 正輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関税化の関連キーワード主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律セーフガード(Safeguard)ウルグアイ・ラウンド農業交渉関税化とミニマムアクセス食料・農業・農村基本法ウルグアイラウンドミニマムアクセス米農工無差別自由化論ミニマム・アクセス貿易・為替の自由化緊急輸入制限条項セーフガード条項非貿易的関心事項ミニマムアクセス農業貿易関税化コメの市場開放農産物の自由化世界貿易機関農産物貿易農業政策

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関税化の関連情報