農用地(読み)のうようち

大辞林 第三版の解説

のうようち【農用地】

耕作を目的とする農地と採草地・放牧地を合わせていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のうよう‐ち【農用地】

〘名〙 耕作・養蓄に利用される土地。
土地改良法(1949)一条「この法律は、農用地の改良〈略〉に関する事業を適正かつ円滑に実施するために必要な事項を定めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の農用地の言及

【農地】より

…農地法上は〈耕作の目的に用いられる土地〉をいうが,現在は耕作されていなくても,耕作しようとすればいつでも耕作できるような休耕地や不耕作地もこれに含まれる。農用地も同類の語で,広くは農業を営むためのすべての土地をいうが,農地法上は農地と採草放牧地をいっている。
[農地の条件]
 作物を栽培するための土地である農地に対しては,永続的に豊かな生産を保証することが求められる。…

※「農用地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android