コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地改良法 トチカイリョウホウ

デジタル大辞泉の解説

とちかいりょう‐ほう〔トチカイリヤウハフ〕【土地改良法】

農業生産の基盤の整備・開発を図るため、農用地の改良・開発・保全・集団化に関する事業に必要な事項を定めている法律。昭和24年(1949)施行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

土地改良法【とちかいりょうほう】

第2次大戦後の農地改革の理念を受けて1949年に制定された法律。農業生産基盤の整備・開発を目的とした土地改良事業を適正かつ円滑に推進するため,その種類や実施の手続きなどを規定。
→関連項目交換分合耕地整理土地改良区土地区画整理土地区画整理法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の土地改良法の言及

【交換分合】より

…日本における最初の交換分合は1835年(天保6)に大原幽学によって下総国香取郡中和村八石(現,千葉県香取郡干潟町八石)で実施されたものである。現在は,土地改良法(1949公布)によって,土地改良区,農業委員会,農業協同組合などが実施主体となって行えることになっている。土地改良事業を行う際に農地の集団化率が達成課題としてあげられ,政策的に推進されようとしている。…

【土地改良】より

… 第2次大戦後になると,土地改良は困難な食糧事情を反映して重要な国策となり,膨大な国家資金が投入された。かかる政策に法的根拠を与えたのは,後述する1949年制定の土地改良法である。同法により,農地改革で創設された自作農が土地改良の直接的担い手となった。…

【土地改良区】より

…1949年に制定,施行された土地改良法により,第2次大戦前からの耕地整理組合,普通水利組合,水害予防組合,北海道土功組合などを廃止して設立された法人で,農業協同組合と並ぶ日本の農業団体の一つ。戦前からの諸組合が土地所有者を組合員としていたのに対し,土地改良区は,原則として農地改革で創設された戦後自作農を構成員としている。…

※「土地改良法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

土地改良法の関連キーワード農業農村整備事業土地改良公用換地水利組合公租公課区画整理農業団体公用負担事前協議床締め道路法農道

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土地改良法の関連情報