コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農閑 ノウカン

デジタル大辞泉の解説

のう‐かん【農閑】

農作業のひまなこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のうかん【農閑】

農作業のひまなこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

農閑の関連キーワード十和田きみがらスリッパ外村与左衛門(5代)鯖江のメガネフレーム所沢人形(羽子板)須田官蔵(2代)吾妻高湯[温泉]長野県農民美術御岳山と信仰碧南の土人形定義[温泉]清水長右衛門熊野[町]高桑与四郎季節労働者六日町盆地季節的失業乳頭温泉郷青柳琴僊村杉温泉泥湯温泉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android