コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休閑 キュウカン

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐かん〔キウ‐〕【休閑】

土地を肥やすため、一定期間耕作をやめること。休耕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうかん【休閑 fallow】

休閑は耕作を休んで放置しておくだけのことではなく,地力の維持・回復,雑草防除,保水という三つの機能を伴って行われている農業技術の一つである。休閑が歴史上重要な役割を果たした一例は,古代ローマ帝国などの乾燥地農業における保水のための休閑である。年降水量500mm以下あるいはそれ以上でも降雨が季節的に偏っていたり,風が強く蒸発量が多い等の場合は自然のままでの作物栽培は困難である。それらの場所では少ない雨を土壌中に保持して有効に利用するために,1年あるいはそれ以上の期間休閑とし,その間,犂(すき)でしばしば表土を浅く耕し,土壌中の毛管を切断して蒸発を抑制,保水し,翌夏にミレット類,マメ類を,あるいは冬にムギ類を栽培した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうかん【休閑】

耕地の地味・地力ちりよくを回復させるため、一定期間作物の栽培をやめること。休耕。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

休閑の関連キーワード農書(農業に関する書物)ブルキナ・ファソクラインガルテンフランドル農法ラメート族ラメット族大堀相馬焼輪栽式農法三圃式農業輪栽式農業作付け方式青刈り飼料垂水人形焼畑農耕ティブ族耕作強制半谷休閑キプロス近藤尊影三圃制度

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android