コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウ

デジタル大辞泉の解説

のう【農】

農業。農作。
農業に従事する人。農民。「士工商」

のう【農】[漢字項目]

[音]ノウ(呉)
学習漢字]3年
土地を耕して作物を作ること。「農園農家農学農業農具農耕農作農村農民営農帰農酪農半農半漁
農民。「篤農貧農富農自作農
[名のり]あつ・たか・たみ・とき・とよ・なる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のう【農】

農業。農作。 「半-半漁」
農業に従事する人。農民。農夫。 「士-工商」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【士農工商】より

…元来は中国の古典に起源する言葉であるが,近世の国制を中国古代の封建制になぞらえて理解しようとした儒学者などによって使用されたのをきっかけに,江戸時代の国家,社会に関する支配イデオロギー上の重要なキーワードとして広く一般に使用されるようになった。中国の古典では,士農工商の四民は国の石民,すなわち国の本で柱の礎石のごとくであり(《管子》),また学をもって位に就いている者を士といい,土地を耕して穀物を作るのを農といい,技巧をふるって器物を作るのを工といい,財貨を流通させる者を商という(《漢書》)とされている。日本では《神皇正統記》が《漢書》と同じ意味で四民という言葉を使っているが,士を官に仕えるものとするなど,兵農分離以前のこの段階では中国の概念の直訳にとどまっている。…

※「農」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農の関連キーワードウィリアム・ペン ブルックスブランド化している農畜産物フィジオクラシー賢治と花巻農高小山 幸右衛門佐瀬与次右衛門須藤 義衛門さなえちゃん小山幸右衛門鈴木久太夫大脇 正諄大日本農会須藤義衛門大塚 由成長尾重喬岡田 温alic酒勾常明士農工商重農学派

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農の関連情報