コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺地共聴施設 ヘンチキョウチョウシセツ

デジタル大辞泉の解説

へんちきょうちょう‐しせつ〔ヘンチキヨウチヤウ‐〕【辺地共聴施設】

山間部や離島といった地理的要因により、テレビ放送などの電波を受信できない地域に設けられた共同アンテナや受信設備のこと。地域住民による共聴組合が設置する。従来のアナログ放送から地上デジタルテレビ放送への移行に際し、施設のデジタル化などの動きに対して行政による支援が進んでいる。辺地共同受信施設

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

辺地共聴施設の関連キーワード山間部

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android