コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺地共聴施設 ヘンチキョウチョウシセツ

1件 の用語解説(辺地共聴施設の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へんちきょうちょう‐しせつ〔ヘンチキヨウチヤウ‐〕【辺地共聴施設】

山間部や離島といった地理的要因により、テレビ放送などの電波を受信できない地域に設けられた共同アンテナや受信設備のこと。地域住民による共聴組合が設置する。従来のアナログ放送から地上デジタルテレビ放送への移行に際し、施設のデジタル化などの動きに対して行政による支援が進んでいる。辺地共同受信施設

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone