辻利右衛門(読み)つじ りえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻利右衛門 つじ-りえもん

1844-1928 明治-昭和時代前期の製茶家。
天保(てんぽう)15年5月24日生まれ。生地山城(京都府)宇治で茶業をいとなむ。宇治茶製茶法の改良にとりくみ,明治のはじめ抹茶用の葉茶から良質の煎茶をつくり「玉露」の製法を完成させた。販路拡張と生産増加にもつとめ,宇治の茶業を再興させた。昭和3年1月8日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android