コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻喜代蔵 つじ きよぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻喜代蔵 つじ-きよぞう

1841-1922 明治-大正時代の社会事業家。
天保(てんぽう)12年7月9日生まれ。明治12年三重県度会郡(わたらいぐん)農事通信員,26年県農事講習所の実習講師となり,博覧会,品評会の審査員をつとめた。また五十鈴川下流の汐合(しわい)川への架橋鳥羽街道の開通に力をそそいだ。大正11年6月6日死去。82歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

辻喜代蔵の関連キーワード大正時代天保

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android