辻褄を合わせる(読み)つじつまをあわせる

精選版 日本国語大辞典「辻褄を合わせる」の解説

つじつま【辻褄】 を=合(あ)わせる[=合(あ)わす]

都合よくすじみちが通るようにする。工作して前後や二つの物事が矛盾しないようにする。
※人さまざま(1921)〈正宗白鳥〉「何とか辻褄(ツジツマ)を合せて相当な物が書けないことはなかったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「辻褄を合わせる」の解説

辻褄つじつまわ・せる

筋道が通るようにする。理屈を合わせる。「決算報告までに収支の―・せる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android