人さまざま(読み)ひとさまざま(英語表記)Les Caractères

日本大百科全書(ニッポニカ)「人さまざま」の解説

人さまざま
ひとさまざま
Les Caractères

フランスモラリストラ・ブリュイエールの箴言(しんげん)集。副題「当代風俗誌」。1688年刊。ギリシアの文人テオフラストスの作品のフランス語訳に付録として添えるという謙虚な発表形式で世に問われたこの箴言集は、版を重ねるごとに増補されたのみならず、質的にも多くの新味を加えた。「すべては言いつくされた……人情世態に関しても、もっとも美しくもっとも優れたものはすでに刈り取られている」という有名な冒頭の句にもかかわらず、「なにやら野獣のようなものが見える。雄も雌もあって、野良(のら)にちらばっている……腰を起こしたのを見ると人の顔をしている」と農民の悲惨を描くところなどはルイ14世治下にあっては大胆な行為であった。

[山田 

『関根秀雄訳『人さまざま』上下(1949、50・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「人さまざま」の解説

ひとさまざま【人さまざま】

原題、〈フランス〉Les Caractèresラ‐ブリュイエールの著作。副題は「当世風俗誌」で、当時のさまざまな風俗・人物像を鋭い観察眼により描いている。1688年、自らが翻訳したギリシャの作家テオフラストスの著作への付録という形で出版され、話題をよんだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android