コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人さまざま ひとさまざま

3件 の用語解説(人さまざまの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人さまざま
ひとさまざま

「カラクテール 性格論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひとさまざま【人さまざま】

《原題、〈フランスLes Caractèresラ‐ブリュイエールの著作。副題は「当世風俗誌」で、当時のさまざまな風俗・人物像を鋭い観察眼により描いている。1688年、自らが翻訳したギリシャの作家テオフラストスの著作への付録という形で出版され、話題をよんだ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人さまざま
ひとさまざま
Les Caractres

フランスのモラリストラ・ブリュイエールの箴言(しんげん)集。副題「当代風俗誌」。1688年刊。ギリシアの文人テオフラストスの作品のフランス語訳に付録として添えるという謙虚な発表形式で世に問われたこの箴言集は、版を重ねるごとに増補されたのみならず、質的にも多くの新味を加えた。「すべては言いつくされた……人情世態に関しても、もっとも美しくもっとも優れたものはすでに刈り取られている」という有名な冒頭の句にもかかわらず、「なにやら野獣のようなものが見える。雄も雌もあって、野良(のら)にちらばっている……腰を起こしたのを見ると人の顔をしている」と農民の悲惨を描くところなどはルイ14世治下にあっては大胆な行為であった。[山田 
『関根秀雄訳『人さまざま』上下(1949、50・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人さまざまの関連情報