コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻談義 ツジダンギ

デジタル大辞泉の解説

つじ‐だんぎ【×辻談義】

談義僧などが道ばたで仏法を説いて喜捨を受けること。また、その僧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つじだんぎ【辻談義】

説経師などが、辻に立って仏法を説くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の辻談義の言及

【辻芸】より

…大道芸の旧称。人が大勢集まる町角や道端,寺社の境内などで行ったもので,辻能,辻放下(つじぼうか),辻狂言,辻談義,辻咄,辻講釈,軽口物真似などがある。野天で演じたものと小屋掛けのものとがあった。…

【辻説法】より

…路傍で道行く人に説法すること。辻談義ともいう。現代でいえば街頭布教にあたる。…

【辻咄∥辻噺】より

…江戸時代に野天で聴かせた落語。仏教界の辻説法が芸能化したもので,元禄(1688‐1704)のころには辻談義(談義は説法・説教の異称)といっていた。各務(かがみ)支考の《本朝文鑑》辻談義説の条に京都の噺家の露の五郎兵衛について〈世ニ云フ辻噺ノ元祖ナリト〉とある。…

※「辻談義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辻談義の関連キーワード露の五郎兵衛辻咄∥辻噺談義僧説経師談義本辻説法落語直下辻芸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android