談義僧(読み)ダンギソウ

大辞林 第三版の解説

だんぎそう【談義僧】

仏教の教義をわかりやすく説く僧。おもしろおかしく説教をする僧。 「 -すわると顔を十しかめ/柳多留

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だんぎ‐そう【談義僧】

〘名〙 仏教の教えなどを、わかりやすくおもしろく説き聞かせる僧。また、教典などを講義する僧。談義坊談義坊主
談義本・銭湯新話(1754)五「談義僧(ダンギソウ)の、紅葉寺の秋天とて、富留那も徒足(はだし)で迯(にげ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の談義僧の言及

【談義】より

…しかし説経が,経典の内容を説くことから興味本位の譬喩談を節をつけて語るようになったのとおなじく,談義も娯楽本位になっていった。とくに浄土教関係の談義僧が多くなり,浄土真宗本願寺3世覚如宗昭の長子存覚は多くの談義本を書いたといわれる。談義僧は夜談義,辻談義,門談義をおこなうようになり,近世には,信仰から離れた人情談などを語る不浄説法を禁止する法度が出されたほどである。…

※「談義僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android