コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代映画協会 キンダイエイガキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

きんだいえいがきょうかい〔キンダイエイグワケフクワイ〕【近代映画協会】

松竹に所属していた脚本家新藤兼人、映画監督の吉村公三郎、俳優の殿山泰司らが中心となり、昭和25年(1950)に設立した映画会社。日本の独立プロダクションの先駆的存在。のちに女優の乙羽信子、映画監督神山征二郎らも加わる。新藤らの脚本・監督作品を中心に、骨太な映画を数多く世に送り出した。代表作に、昭和35年(1960)公開の「裸の島」(モスクワ国際映画祭グランプリ)、平成7年(1995)公開の「午後の遺言状」(日本アカデミー賞最優秀作品賞)など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

近代映画協会の関連キーワード日本映画史(年表)吉村 公三郎日高 澄子殿山 泰司絲屋 寿雄偽れる盛装乙羽 信子糸屋寿雄

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android