乙羽信子(読み)おとわのぶこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙羽信子
おとわのぶこ

[生]1924.10.1. 鳥取
[没]1994.12.22. 東京
映画女優。本名新藤信子。宝塚歌劇より 1950年大映に入社,『処女峰』でデビュー。百万ドルのえくぼで人気女優となったが,その後メロドラマのヒロイン役から演技派に転向,数々の問題作に出演している。おもな作品『原爆の子』 (1952) ,『裸の島』 (60) ,『わが道』 (74) ,『竹山ひとり旅』 (77) など。 79年,『絞殺』でベネチア国際映画祭最優秀女優賞を獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙羽信子 おとわ-のぶこ

1924-1994 昭和-平成時代の女優。
大正13年10月1日生まれ。新藤兼人の妻。宝塚の娘役からスカウトされ,昭和25年大映の「処女峰」で映画デビュー,百万ドルのえくぼの清純派として売り出す。26年「愛妻物語」に主演,のち,近代映画協会にくわわり,「原爆の子」「裸の島」「絞殺」など新藤監督作品を中に活躍した。平成6年12月22日死去。70歳。鳥取県出身。宝塚音楽歌劇学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乙羽信子の関連情報