コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙羽信子 おとわのぶこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙羽信子
おとわのぶこ

[生]1924.10.1. 鳥取
[没]1994.12.22. 東京
映画女優。本名新藤信子。宝塚歌劇より 1950年大映に入社,『処女峰』でデビュー。百万ドルのえくぼで人気女優となったが,その後メロドラマのヒロイン役から演技派に転向,数々の問題作に出演している。おもな作品『原爆の子』 (1952) ,『裸の島』 (60) ,『わが道』 (74) ,『竹山ひとり旅』 (77) など。 79年,『絞殺』でベネチア国際映画祭最優秀女優賞を獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙羽信子 おとわ-のぶこ

1924-1994 昭和-平成時代の女優。
大正13年10月1日生まれ。新藤兼人の妻。宝塚の娘役からスカウトされ,昭和25年大映の「処女峰」で映画デビュー,百万ドルのえくぼの清純派として売り出す。26年「愛妻物語」に主演,のち,近代映画協会にくわわり,「原爆の子」「裸の島」「絞殺」など新藤監督作品を中に活躍した。平成6年12月22日死去。70歳。鳥取県出身。宝塚音楽歌劇学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

乙羽信子の関連キーワード負ケラレマセン勝ツマデハ配達されない三通の手紙マザコン刑事の事件簿アッシイたちの街すみれさんが行く如何なる星の下にブラックボード喜劇 駅前百年温泉に行きたい愛と死の谷間午後の遺言状大工太平記美女と怪龍珍品堂主人裸の十九才台所太平記大根と人参球形の荒野ぼく東綺譚三文役者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乙羽信子の関連情報