コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裸の島 はだかのしま

3件 の用語解説(裸の島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裸の島
はだかのしま

日本映画。 1960年近代映画協会作品。監督,脚本新藤兼人。出演乙羽信子殿山泰司瀬戸内海の小島に住む農民夫婦を主人公に,厳しい自然のなかで黙々と土に生きる生活ぶりを描いた作品で,せりふをほとんど用いず,ひたすら労働に打ち込む夫婦の姿を鮮明な映像でとらえた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はだかのしま【裸の島】

新藤兼人の監督・脚本・制作による映画の題名。昭和35年(1960)公開。瀬戸内海の島に暮らす農民一家の暮らしを、台詞を一切使わない実験的な手法で描いた。出演、殿山泰司、乙羽信子ほか。モスクワ国際映画祭グランプリ受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裸の島
はだかのしま

日本映画。1960年(昭和35)、新藤兼人(しんどうかねと)監督。小さな島に夫婦(乙羽信子(おとわのぶこ)(1924―1994)、殿山泰司(とのやまたいじ)(1915―1989))と子ども二人が暮らしている。夫婦は農業や生活のための水を別の島から運んでいるが、ある日長男が死んでしまう。夫婦の過酷な水運びの日々が、全編ほとんど台詞(せりふ)なしで描かれるという実験的作品。また、独立プロダクションにより、きわめて少数のスタッフ、キャスト、そして低予算によって製作されたという点でも、大手の映画会社の作品とは一線を画した作品である。本作が製作された当時は大手の映画会社が製作と興行とをほぼ支配していた。そのため本作は完成後に上映館の確保に苦しんだ。しかし1961年のモスクワ国際映画祭でグランプリを獲得すると多数の国に輸出された。[石塚洋史]
『『世界の映画作家31 日本映画史』(1976・キネマ旬報社) ▽『映画史上ベスト200シリーズ 日本映画200』(1982・キネマ旬報社) ▽佐藤忠男著『日本映画史2、3、4』増補版(2006・岩波書店) ▽猪俣勝人・田山力哉著『日本映画作家全史 下』(社会思想社・現代教養文庫) ▽文芸春秋編『日本映画ベスト150――大アンケートによる』(文春文庫ビジュアル版) ▽『日本映画ベスト150――大アンケートによる』(文春文庫ビジュアル版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

裸の島の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裸の島の関連情報