近古史談(読み)きんこしだん

精選版 日本国語大辞典「近古史談」の解説

きんこしだん【近古史談】

江戸後期の歴史書。四巻。大槻磐渓著。安政元年(一八五四成立、元治元年(一八六四)刊。「常山紀談」「武辺雑談」「武将感状記」「太閤素生記」などに見える英主名将忠臣逸話一三〇条を訳し、各条ごとに短評を加えたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android