忠臣(読み)チュウシン

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐しん【忠臣】

〘名〙
① まごころを尽くして主君に仕える臣下。忠士。
※続日本紀‐天平一二年(740)九月癸丑「若身被殺者。賜其子孫。忠臣義士。冝速施行
※十六夜日記(1279‐82頃)「賢王の人をすてたまはぬまつりごとにももれ、ちうしんの世をおもふなさけにもすてらるるものは」 〔老子‐一八〕
② 内臣(ないしん)を改め称したもの。
※続日本紀‐宝亀九年(778)三月丙子「内臣従二位藤原朝臣魚名改為忠臣

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の忠臣の言及

【忠】より

…中国の文化を受容して形をととのえた日本の古代社会では,当然,忠の道徳が教えられ,臣は忠をもって君に仕え,君は国を憂えて世を治めるべきものと説かれた。古代の末に姿をあらわす武士の社会では,主君のに対する従者の忠が重んぜられ,中世の軍記物には,主君のために身命を惜しまない武士の行動が美談として描かれ,忠臣は二君に仕えずという絶対的な忠が強調された。《太平記》に登場する楠木正成はその代表として名高い。…

※「忠臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報