コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠臣 チュウシン

世界大百科事典内の忠臣の言及

【忠】より

…中国の文化を受容して形をととのえた日本の古代社会では,当然,忠の道徳が教えられ,臣は忠をもって君に仕え,君は国を憂えて世を治めるべきものと説かれた。古代の末に姿をあらわす武士の社会では,主君のに対する従者の忠が重んぜられ,中世の軍記物には,主君のために身命を惜しまない武士の行動が美談として描かれ,忠臣は二君に仕えずという絶対的な忠が強調された。《太平記》に登場する楠木正成はその代表として名高い。…

※「忠臣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忠臣の関連キーワード天勾践を空しゅうすること莫れ時に范蠡無きにしも非ず天勾践を空しうすること莫れ,時に范蠡無きにしも非ず身を全うして君に仕うるは忠臣の掟王臣蹇蹇躬の故にあらず忠臣を孝子の門に求む国乱れて忠臣見わる忠臣は二君に事えず欠け徳利・欠徳利大姦は忠に似たり石で手を詰めるつこうど声鬼王団三郎まじくなう菊池容斎菅原衍子下はれる靖献遺言近古史談碁盤忠信結城神社

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠臣の関連情報