近来俳諧風躰抄(読み)きんらいはいかいふうたいしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

きんらいはいかいふうたいしょう ‥ハイカイフウタイセウ【近来俳諧風躰抄】

江戸前期の俳論。二冊。岡西惟中著。延宝七年(一六七九)成立。西山宗因門下にあった著者が談林俳諧の立場から、俳諧の一般的問題と作法の実際について論じたもの。俳諧風体抄。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android