コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近松千葉軒 ちかまつ せんようけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近松千葉軒 ちかまつ-せんようけん

?-? 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)・歌舞伎作者。
近松柳の弟子。寛政-天保(てんぽう)(1789-1844)のころ,豊竹派系の浄瑠璃一座で「歌中山由緒聞書(うたのなかやまゆいしょのききがき)」「絵本太功記」など柳の助作者をつとめる。のち大坂浜芝居,宮地芝居歌舞伎作品も手がけた。前名は近松松助。別名に千葉意八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近松千葉軒の言及

【絵本太功記】より

…別名題《絵合太功記》。近松柳,近松湖水軒,近松千葉軒による合作。1799年(寛政11)7月12日から大坂若太夫芝居で初演。…

※「近松千葉軒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

近松千葉軒の関連キーワード近松柳

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android