コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江井関家 おうみいせきけ

1件 の用語解説(近江井関家の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうみいせきけ【近江井関家】

近世世襲能面作家の家系。三光坊の弟子上総介親信が開いた一派で,はじめ江州坂田北郡(現,滋賀県長浜市)に住し,井関を名のった。高知土佐神社の尉面は享禄1年(1528)の親信の作銘がある。2代次郎左衛門,3代備中掾あたりの作品には,面裏に〈イセキ〉の刻銘があるので,この派は〈片仮名井関〉とも称された。4代河内家重(1645没)は江戸に出て活躍し,将軍家をはじめ諸大名に重用され,天下一を称した名工で,〈河内彩色〉といわれるほど彩色に独特のものがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone