近藤 虎五郎(読み)コンドウ トラゴロウ

20世紀日本人名事典の解説

近藤 虎五郎
コンドウ トラゴロウ

明治・大正期の土木技師



生年
慶応1年6月1日(1865年)

没年
大正11(1922)年7月17日

出生地
越後国岩船郡村上本町(新潟県村上市)

学歴〔年〕
東京帝国大学工科大学土木工学科〔明治20年〕卒

学位〔年〕
工学博士〔明治32年〕

経歴
村上藩士・近藤金弥の長男に生まれ、新潟学校を卒業後、大学に進学し成績優秀で特待生となり卒業。私費で2年間米国留学し土木工学の先進技術を学び帰国。明治23年内務省土木局に入り内務技師となり、29年の河川法制定後国費による河川改修工事や湾岸・上下水道の新設工事の監督指導に当たる。傍ら、約24年間母校の東京帝国大学教授として土木工学を講義、後進の指導に当たり、鉄道省技師なども兼務した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android