コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤氏 こんどううじ

世界大百科事典 第2版の解説

こんどううじ【近藤氏】

藤原北家魚名流の藤原秀郷系譜をひく脩行が近江掾となって近江に住し,近藤太を称したのに始まるという。1180年(治承4)源頼朝挙兵に加わり石橋山で敗れて,頼朝らとともに安房にのがれた近藤七国平もこの一族の出身である。国平はその廉直な人格によって頼朝の信任をうけ,85年(文治1)平家を追って西下した源義経にかわって京都に入り,平家滅亡後は鎮西に下って,中原久経とともに治安維持,武士の非法停止等の任務を遂行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の近藤氏の言及

【交代寄合】より

…たとえば那須・美濃・信濃衆は,幕府成立時,おのおの国境地帯を党として警衛する任務を与えられたことを由緒としていた。また遠州の近藤氏は数多くの分家を創出したが,そのうち気賀の関所を守る1家のみが交代寄合となったことは,この家格のもつ歴史的意味の一つを的確に示している。【西田 真樹】。…

※「近藤氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤氏の関連キーワードコシャマイン近藤芳樹讃岐国沓掛城越後国気賀細江金指

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤氏の関連情報