コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤淳 こんどう じゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤淳 こんどう-じゅん

1930- 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和5年2月6日生まれ。38年電気試験所(現電子技術総合研究所)にはいり,電子物理研究室長などをつとめる。平成2年東邦大教授。極低温における稀薄磁性合金の電気抵抗極小に関する研究で,昭和48年学士院恩賜賞。平成15年文化功労者。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近藤淳の言及

【近藤効果】より

…希薄磁性合金が示す電気的・磁気的現象。1964年に日本の近藤淳により理論的に提起されたことからこの名がある。金,銅のような金属中に非常に希薄にマンガン,鉄などの遷移金属原子を磁性不純物として含むものを希薄磁性合金と呼ぶ。…

※「近藤淳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

近藤淳の関連キーワードケネス・ゲッデス ウィルソン抵抗極小の現象恩賜賞受賞者近藤淳子近藤効果物理学者

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤淳の関連情報