近藤 廉平(読み)コンドウ レンペイ

20世紀日本人名事典の解説

近藤 廉平
コンドウ レンペイ

明治・大正期の実業家,男爵 日本郵船社長;貴院議員(勅選)。



生年
嘉永1年11月25日(1848年)

没年
大正10(1921)年2月9日

出生地
阿波国麻植郡西尾村(徳島県鴨島町)

学歴〔年〕
大学南校

経歴
明治5年三菱商会に入り、吉岡鉱山、高島炭鉱を経て、16年横浜支社支配人となる。18年日本郵船設立後、22年理事、東京支配人、26年専務、27年副社長を経て、28年社長に就任。以後没するまで社長を務め、遠洋定期航路の開設、近海航路の充実などを図り、同社を世界最大の海運企業に育てあげた。44年男爵。大正7年勅選貴族院議員。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

近藤 廉平
コンドウ レンペイ


肩書
貴院議員(勅選),日本郵船社長

生年月日
嘉永1年11月25日(1848年)

出生地
阿波国麻植郡西尾村(徳島県鴨島町)

学歴
大学南校

経歴
明治5年三菱商会に入り、吉岡鉱山、高島炭鉱を経て、16年横浜支社支配人となる。18年日本郵船設立後、22年理事、東京支配人、26年専務、27年副社長を経て、28年社長に就任。以後没するまで社長を務め、遠洋定期航路の開設、近海航路の充実などを図り、同社を世界最大の海運企業に育てあげた。44年男爵。大正7年勅選貴族院議員。

没年月日
大正10年2月9日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

近藤 廉平 (こんどう れんぺい)

生年月日:1848年11月25日
明治時代;大正時代の実業家。日本郵船社長;貴族院議員
1921年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android