近頃・近比(読み)ちかごろ

大辞林 第三版の解説

ちかごろ【近頃・近比】

( 名 )
ちょっと前から現在までを漠然とさす。最近。近来。副詞的にも用いる。 「 -の若い者」 「 -珍しい美談だ」
( 副 )
〔最近、類を見ない、の意〕 はなはだ。非常に。大変。 「 -迷惑千万な話だ」 「心安う思し召せ、-めでたう候/狂言・賽の目」
( 形動ナリ )
大変結構なさま。 「そなたもそれほどにおもやれば-ぢや/狂言・薬水 虎清本
はなはだ不都合なさま。 「やい石見守、-なる雑言/浄瑠璃・本朝用文章」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android