コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑言 ざつごんZa-yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑言
ざつごん
Za-yan

中国,古典詩の一形態。字数のふぞろいな句で構成される詩。最も短いものは1,長いものは 10言以上に及ぶ句もあるが,一般には7言句,5言句,3言句を交えるものが多い。「長短句」とも呼ばれる。近体詩には雑言はなく,この形態はすべて詩体でいう古詩にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざつ‐ごん【雑言】

雑言体」の

ぞう‐げん〔ザフ‐〕【雑言】

[名](スル)ぞうごん(雑言)

ぞう‐ごん〔ザフ‐〕【雑言】

あれこれ悪口を言うこと。また、その悪口。ぞうげん。「雑言を浴びせる」「悪口(あっこう)雑言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざつごん【雑言 zá yán】

漢詩の中で,一句の字数が一定しないもの。かならず古詩であって,近体にはありえない。純然たる一句の字数の不定な,押韻した散文に近いものもあるが,五言と七言とをまじえたもの,三言五言七言をまじえたもの,三言五言七言を主として,他の字数の句をまじえたものもある。李白のように奔放な詩人に比較的多いが,作例は少なく,分類する時は七言古詩の中に含められるのが普通である。韻律【入谷 仙介

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ざつごん【雑言】

「雑言体」の略。

ぞうげん【雑言】

( 名 ) スル
ぞうごん(雑言)」に同じ。

ぞうごん【雑言】

いろいろな悪口やでたらめな言い掛かり。ぞうげん。 「悪口-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雑言の関連キーワード俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離言い散らす・言散らす渇に臨みて井を穿つリベンジポルノ那谷寺通夜物語有智子内親王カーニバル近頃・近比画禅室随筆シュアレス家庭内暴力卒爾・率爾悪口雑言滋野貞主言掛ける浴びせる切捨御免三統理平雑言古詩然る程に

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑言の関連情報