コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑言 ざつごんZa-yan

8件 の用語解説(雑言の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雑言
ざつごん
Za-yan

中国,古典詩の一形態。字数のふぞろいな句で構成される詩。最も短いものは1言,長いものは 10言以上に及ぶ句もあるが,一般には7言句,5言句,3言句を交えるものが多い。「長短句」とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ざつ‐ごん【雑言】

雑言体」の略。

ぞう‐げん〔ザフ‐〕【雑言】

[名](スル)ぞうごん(雑言)

ぞう‐ごん〔ザフ‐〕【雑言】

あれこれ悪口を言うこと。また、その悪口。ぞうげん。「雑言を浴びせる」「悪口(あっこう)雑言

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ざつごん【雑言 zá yán】

漢詩の中で,一句の字数が一定しないもの。かならず古詩であって,近体にはありえない。純然たる一句の字数の不定な,押韻した散文に近いものもあるが,五言と七言とをまじえたもの,三言五言七言をまじえたもの,三言五言七言を主として,他の字数の句をまじえたものもある。李白のように奔放な詩人に比較的多いが,作例は少なく,分類する時は七言古詩の中に含められるのが普通である。韻律【入谷 仙介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざつごん【雑言】

「雑言体」の略。

ぞうげん【雑言】

( 名 ) スル
ぞうごん(雑言) 」に同じ。

ぞうごん【雑言】

いろいろな悪口やでたらめな言い掛かり。ぞうげん。 「悪口-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雑言の関連情報